勃起不全

貧弱な勃起の治療方法

性的機能障害は、広がらない「不快な」疾患のカテゴリーに属する。男性は同様の問題を認めることを恥ずかしく思うので、勃起不全の場合、彼らはしばしば医師との接触を延期します。しかし、これらの症状は、重篤な疾患の発症を示す可能性があるため、無視すべきではありません。何を探すべきか、悪い勃起のケースの原因は何ですか、そしてそのような場合に何が助けになるのか、検査は教えてくれるでしょう。

貧弱な勃起は神経障害の結果である可能性があり、生殖器領域の深刻な問題を示すことができます。勃起不良のすべての原因は、2つのグループに分けることができます。前者は心理的要因であり、後者は生理学的要因である。心理的原因としては、ストレス、慢性疲労、「期待不全症候群」、抑うつ症候群、神経症性障害などが挙げられます。医学的統計に基づいて、「失敗待ち症候群」は珍しいことではありませんが、現代の生活リズムでは非常に一般的であると言えます。男性が一度失敗した場合、より強い性別のすべての代表者はすぐにこの状況を忘れることはありません、精神的に彼は絶えずそれに戻るでしょう、そしてそれは問題を悪化させるだけです。男性が理解しているパートナーがいる場合、この状態はそれ自体で解決することができます、最も重要なことは男性が自分自身を信じることです、そして時間の経過とともに彼の性生活は改善するでしょう。生理学的問題の場合、この場合は医学的矯正が必要である。悪い勃起は、以下の場合に起こり得る:心血管系の病理学。糖尿病の存在。脳と脊髄の障害。体内のホルモン不全は、通常、様々な内分泌障害を指す。その結果、強力な薬を服用しても勃起はありません。座りがちな生活習慣、肥満、喫煙、アルコール乱用、薬物使用。腺器官の病気。医療現場では、心理的および生理学的理由から共生のために弱い勃起が診断される場合があります。

勃起不全の原因

勃起不全の原因

男性の勃起不全における「警鐘を鳴らす」ことは、性交の4つの試みのうちの1つが「失敗」で終わる場合です。もちろん、勃起の減少がストレス、アルコール乱用、および特定のグループの薬物を服用した後の副作用によって引き起こされるケースには注意を払うべきではありません。一般的な問題については、アンドロジストに連絡する価値があります。

勃起の減少の主な理由:

神経の問題、うつ病、精神的圧力、激しいストレス。

慢性疲労、重度の身体的または精神的ストレス。

脊髄および脳における神経線維の信号伝達の違反。

甲状腺疾患、ホルモンの変化。

真性糖尿病、心血管疾患。

尿生殖器系における炎症過程、前立腺、性感染症。

悪いライフスタイル、悪い習慣、適切な身体活動の欠如。

性的失敗の心理的恐怖。

勃起の減少の理由は、当然のことながら、年齢だけでなく、慢性疾患の悪化が含まれます。そのような病理が40〜45年前に現れ、勃起が急激に減少した場合は、回復を成功させるために泌尿器科医に相談してください。

治療方法

勃起不全では、原因は患者の生理学的および心理的状態において探求されるべきである。潜伏感染のための尿生殖器系の実験室検査は、特に前立腺炎、性感染症または肛門炎における他の同様の状態の症例がすでにある場合に有用であろう。自己治療、伝統医学の使用、そしてヒーラーや他のヒーラーのさらに奇跡的なアドバイスは、ここではまったく役に立たない。さらに悪いことに、そのような自己欺瞞で貴重な時間が失われ、状態の悪化と病気の慢性形態への移行につながります。

大事な!勃起不全の治療は、必要な心理的支援を含め、包括的であるべきです。

どのような治療法が使用されています:

医学的療法。医師と調整してください。血液循環を改善するものなど、異なる作用スペクトルを有する薬物が使用される。感染症を同定する場合、抗炎症治療が行われるが、抗生物質治療が必要な場合がある。

理学療法、マッサージ、治療演習。個別に選択された一連のエクササイズは、適切な身体活動を提供し、生殖器系の活力を高め、血液循環を改善するのに役立ちます。衝撃波療法および局所陰圧(LON)治療の使用は、性機能を回復するための効果的な方法である。

操作。重度の病状および不可逆的な循環器障害は、手術で首尾よく治療される。

勃起低下の防止

勃起低下の防止

男性の勃起の減少を防ぐために、悪い習慣、バランスの取れた食事、適切な身体活動(特に座りがちな仕事中)は放棄されます。憂慮すべき症状を無視することなく、適時に併存疾患を診断および治療することが重要です。

F素因のある俳優。

すべての男性は、勃起不全の発症の素因となる危険因子があることを覚えておく必要があります!これらには以下が含まれます:

  • 体重の増加;
  • 年齢;
  • 喫煙およびアルコール乱用;
  • 薬物使用;
  • 一般的な抑うつ状態;
  • 身体的に座りがちなライフスタイル。
  • メタボリックシンドロームおよび脂質代謝障害;
  • 顕著な脚気;
  • 多くの有害な環境要因(放射線、さまざまな種類の放射線など)。

 勃起不全の主な原因は3つあります

心因性 – 勃起不全、特定の特別な状態、精神障害などに関連する不安

有機性 – 陰茎の特定の構造変化のために性的機能障害が発症したとき。

交渉する:

  • 血管の原因(高血圧、アテローム性動脈硬化症、真性糖尿病、静脈不全、手術などによる);
  • 神経学的原因(脳卒中、多発性硬化症、様々な神経障害、腫瘍、傷害などによる);
  • 内分泌の理由 (低テストステロンのため, 高プロラクチン, 甲状腺機能障害, 等);
  • 構造的原因(陰茎の外傷、先天性異常、ペイロニー病、湾曲、持続勃起症などによる)。
  • 医療 – 特定の薬(向精神薬、抗うつ薬、降圧薬など)を服用すると勃起機能が改善したとき。

分類

勃起不全は、通常、その重症度によって区別されます:孤立した光;媒体;中等度または重度の勃起不全。それはまた、病気の発症のために一般的に受け入れられ、重要な分類です:

  • 心因性 – 症例の約40%;
  • 生物学的 – 症例の30%;
  • 混合 – 症例の25%;
  • 説明なし – ケースの5%。

勃起不全の警告徴候が含まれます:

  • 性的興奮の開始と維持の困難さ;
  • 弱い勃起;
  • 朝の勃起の部分的または完全な欠如。

男性の性的機能障害の他のタイプ

性的機能障害は、直接的な勃起不全を有さないが、生活の質を損なわない男性にも起こる。射精障害にはさまざまな種類があります。男性だけでなく女性にとっても最大の不快感は、急速な射精から来ています。質の高いセックスをすることができないことは、心理的感情的なストレス、さらにはセックスをすることへの消極的な気持ちにつながります。痛みを伴う重度の射精はあまり一般的ではありませんが、生活の質を著しく損なうこともあります。様々な神経学的疾患は、貧血症候群 – 独立してオーガズムと射精に達することができない – を発症する可能性があります。長期の逆行性射精 – オーガズム中の膀胱への精子の逆流は、前立腺手術および特定の薬物の使用後に発症する可能性がある。性生活の最も一般的な違反の1つは、性的欲求、性欲の欠如です。性欲の低下は、神経感情的な過負荷、身体疲労および付随する身体の疾患、ホルモン代謝の障害によって引き起こされる可能性がある。これらの異常のほとんどは、成功裏かつ安全に治療されています。二次的な心理的異常の出現を防ぐためには、それらの迅速な修正が重要である。

診断

勃起不全を診断するとき、その重症度を決定することは非常に重要です。これらの障害の原因を探し、勃起の悪化を引き起こした病気を特定することも必要です。他の性的障害(性欲減退、射精およびオルガスム障害)の有無を決定するべきである。

心因性機能障害はしばしば驚きです。同時に、通常の朝の勃起が維持されます。心因性障害との関係にはしばしば問題があります。この場合、勃起不全は特定の条件下および他の条件下でのみ起こる – 性的活動は正常である。

有機的な勃起不全の場合、その逆が当てはまります。問題は徐々に現れ、朝の勃起が減少または欠如します。この場合、良い性的欲求は通常維持されます。性交の質は、ほとんどの場合、パートナーとさまざまな状況で苦しんでいます。最初の憂慮すべき症状 – 性的欲求の欠如と弱い勃起 – が現れたら、アンドロジストに連絡する必要があります。

心配

治療を開始する前に、すべての患者は勃起不全の危険因子を可能な限り排除することをお勧めします。ライフスタイルや性行動を正常化することが重要です。重要なステップは、勃起に害を及ぼす可能性のある服用薬を削除または交換する可能性の問題を解決することです。神経学的および心臓学的問題は、狭い専門家、特に心理療法士の関与によって排除される。医師は、これらの患者がパートナーに相談するために性学者や心理学者に相談することを勧めます – これは彼らがお互いを理解し、リラックスしてお互いを信頼するのを助けるでしょう。

病気の原因に応じて、治療方法もあります。勃起不全の治療可能な原因が見つかった場合は、それを排除する必要があります。

勃起不全の保存的治療にはステップがあります

勃起不全の保存的治療にはステップがあります

最初は、勃起刺激剤(特にホスホジエステラーゼ5型阻害剤)が適切な場合に使用される。アンドロゲンの欠乏の存在下で – テストステロンレベルを増加させる薬物。テストステロンの注射可能なおよび経皮的な形態は、アンドロゲン補充療法で使用されています.薬物、用量、投与経路およびコースの期間は、個別に選択される。これらのグループの薬は、医師の指示に従ってのみ服用してください。さもなければ、重篤な副作用が可能である。心因性疾患では、心理療法は治療の第一線における重要なステップである。

処方箋が不可能な場合、または患者が薬を服用したくない場合は、一次物理医学で局所真空療法が推奨されます。この方法の本質は、陰茎が真空ポンプによって真空が作り出される特別なピストンに置かれることである。これは陰茎への血流の増加をもたらし、勃起をもたらす。勃起を維持するために、静脈の出口を制限するために、特別な圧縮リングが陰茎の基部に配置される。

治療の第2段階は、血管活性剤の海綿内または尿道内投与を含む。これは、薬物の効果がない場合に使用されます。勃起の有効性と品質はかなり高いです。この治療法には禁忌と副作用があります。

操作

保存的治療が効果がない場合、必要に応じて勃起不全の外科的治療が用いられる。血管手術は、骨盤内器官を灌漑する陰茎の動脈に病変を有する患者に推奨される。勃起不全の他のすべての方法が失敗した場合、患者が彼の問題に対する根本的な解決策を主張するならば、半剛性プロテーゼまたは勃起を模倣する油圧インプラントを有する膿疱骨内膜が推奨される。陰茎補綴物後の満足患者数は80%を超える。

予防

あなたは勃起不全のリスクを減らすことができます。これを行うには、医師は以下を推奨します:

  • 適切な栄養。
  • 悪い習慣(アルコールとタバコの消費)を減らし、排除する。
  • 定期的な性生活。
  • 健康的なライフスタイル, 休息とアクティブな身体活動を含みます.
  • 体重管理と矯正。
  • 血液中のグルコースおよび脂質の制御および調整。
  • 患者に続いて泌尿器科医とアンドロジストが続くことをお勧めします。